社会医療法人清風会(広島県)は廿日市記念病院と五日市記念病院との連携により社会に望まれる医療を提供します

ホーム法人の紹介トピックス日本医療機能評価機構採用情報

トピックス

面会制限・マスク着用のお願い。

インフルエンザの流行に伴い、ご家族以外の面会はご遠慮下さい。
また、マスクの着用も必ずお願い致します。ご理解とご協力をお願い致します。

五日市記念病院 テレビで放送されました。

北海道旭川の札幌禎心会病院の上山博康先生が2017年4月に来られ手術された模様が、
テレビ東京「主治医が見つかる診療所」で、2017年5月8日、10月19日の2回に渡り
放送されました。

社会医療法人化のお知らせ

五日市記念病院 年末年始の外来診療のお知らせ

年末年始の外来診療を下記の通りとさせて頂きます。


12月 1月
28日 29日 30日 31日 1日 2日 3日 4日 5日
午前
午後
通常の診療をさせて頂きます。
当番医としての対応となります。
時間外救急診療となります。

清風会 2017芸術奨励作品展開催致しました。

芸術奨励作品展2017

平成29年11月27日(月)-12月1日(金)五日市記念病院 新館1階 第3待合室

芸術文化教育の振興と芸術作品の展示を通じた療養環境の向上に資するため、広島市立大学芸術学部の学生・卒業生の優秀作品を、 院内に展示致します。
広島市立大学で学び、意欲的に制作活動に励む若い作家の作品を、患者さんやご家族の方々にご鑑賞頂くために企画致しました。

多くのご来場ありがとうございました。

芸術奨励作品展2017

インフルエンザワクチン接種について

 五日市記念病院では、インフルエンザワクチンの予防接種を行います。


予約受付 平成29年10月2日(月)〜平成30年1月31日(水)
  (ワクチンが無くなり次第終了)
接種期間 平成29年11月1日(水)〜平成30年3月末(予定)
 (ワクチンが無くなり次第終了)
 ※広島市予防接種費用助成制度期間は、平成30年1月31日(水)までとなります。
接種日時 平日の外来診療日の診療時間
※診察で来院の場合は、受付にお問合せください。
接種年齢 高校生以上(中学生以下の方は小児科でご相談ください)
接種回数 原則として1回(2回目を希望される方は医師にご相談ください。)
料金 ○65歳未満の方…3,000円/回
○65歳以上の方(公費助成対象者の自己負担額1回目のみ)
    広島市在住の方…………1,600円/回
    広島市以外に在住の方…各市町村の取扱いによります。
○摂取日に満60歳以上満65歳未満で、心臓、腎臓、呼吸器の機能、又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に対して 身体障害手帳1級の障害を有する方(※身体障害者1級をお持ちの方でも、上記の機能以外の障害(視覚・聴覚・肢体不自由等)の方は対象外)…1,600円/回

※自己負担金が免除になる方は、確認書類を必ずお持ち下さい。
※65歳以上の方で広島市以外に住民登録されている方は、助成制度の取り扱いが各市町村で異なる場合がありますので、役場・役所へご確認ください。
※当日の診療状況により、お待ちいただく場合がございますのでご了承下さい。

●ご予約お問合せ先●   五日市記念病院   082-924-2211

このページの先頭へ

社会医療法人化のお知らせ

社会医療法人化のお知らせ

医療法人社団 清風会 五日市記念病院・廿日市記念病院は、医療法第42条の2に基づき2017年(平成29年)10月1日より、 社会医療法人として広島県知事から認定され、「社会医療法人 清風会」として新たにスタート致しました。

社会医療法人とは、救急医療など特に地域で必要な医療を担い、継続して良質かつ適切な医療を効率的に提供する体制の確保を図るために創設されました。

今後も、法人理念である「社会に望まれる医療」を実践し、脳神経外科を中心とした急性期医療から回復期、療養、リハビリ、在宅まで一貫して、全身管理のできる上質な医療を提供できるよう、 職員一同精進していく所存でございます。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

平成29年10月1日
職員一同

新任医師のご紹介

平成29年4月1日より、五日市記念病院の脳神経外科常勤医師:坪井俊之(前札幌禎心会病院 脳神経外科医長)が着任し診療を開始いたしました。 これにより、常勤医師5名体制となり、より充実した医療を提供出来るようになりました。

廿日市記念病院 院長交代について

平成29年4月1日より、番匠谷 孝廣(外科)に代わりまして第4代目の院長として浅野 拓(脳神経外科)が就任致しました。
 この度の院長交代に伴い、受診して頂いております皆様、関係者様にはご迷惑をお掛け致しますが、より一層、理念である「社会に望まれる医療」の実現を目指して精進をして参りますので、 よろしくお願い致します。

【重要】夜間時間外診療における預り金について

五日市記念病院では、夜間時間外診療における診療費の支払いは、会計窓口が終了していることから、後日支払いとさせて頂いておりました。
しかしながら、患者様から医療費をお支払い頂けない場合が生じており、夜間時間外診療は一部金額をお預かりし、翌日以降窓口で清算する「医療費預り金制度」を導入することと致します。
ご理解とご協力お願い致します。

医療費預り金制度を導入する日

 ・平成28年10月1日(土)17時30分受付から

お預かりする金額

 ・〜10,000円
 ※予めご準備のうえ、ご来院ください。

※ 時間外に診療を希望される場合は、先ず電話でご相談ください。

※ 預り金については、翌日以降、受付窓口にて清算させて頂きます。

循環器科新規開設のお知らせ

平成28年4月1日より、循環器内科常勤医師:免出 朗(主に虚血性心疾患が専門)が五日市記念病院に入職し、この6月14日より、廿日市記念病院で毎週火曜日に新規開設することになりました。 これにより、外来で脳疾患を患っている方は心疾患を患う可能性も高いことから、専門的な診察、検査を行わせていただくことができます。これからも社会に望まれる医療の実践を行ってまいりますので、宜しくお願いいたします。

回復期リハビリテーション病棟 専任医師変更

平成28年4月1日より、脳神経外科常勤医師:浅野 拓(元広島市民病院 脳神経外科部長)が入職致しました。これにより脳神経外科の常勤医師2名、非常勤医師1名となり、脳血管疾患発症後のリハビリテーションをより充実させることができる体制となりました。
これからも脳血管疾患を中心とした回復期リハビリテーション、及び、がん患者を対象とした緩和ケアに尽力し、医療療養と合わせて社会に望まれる医療の実践を行ってまいりますので、宜しくお願い致します。

血液内科新規開設のお知らせ

許泰一医師(前広島赤十字・原爆病院 血液内科部長)入職に伴い、平成28年4月1日より、血液内科を新規開設致しました。主に外来診療・治療を行っております。新規開設に伴い、不備な点も多くご迷惑をお掛けするとは存じますが、宜しくお願い申し上げます。

【診療の対象となる主な疾病】

慢性白血病、急性白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、骨髄腫、再生不良性貧血などを中心とした血液全般を診療の対象としています。

循環器内科常勤医師入職のお知らせ

平成28年4月1日より、循環器内科常勤医師:免出 朗(主に虚血性心疾患が専門)が入職致しました。 これにより、常勤医師2名、非常勤医師1名体制となり、より充実した循環器内科医療を提供出来るようになりました。
脳疾患を患っている方は、心疾患も患っている確率が多く、脳疾患と心疾患は切っても切り離せない状況にあります。

今後もより一層、脳神経外科と循環器内科がしっかりとタッグを組み、患者様により良い医療を提供出来るよう日々精進努力していきますので、ご指導・ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

平成29年度4月定期採用看護学生病院見学会のご案内

回復期リハビリ病床・緩和ケア病床の増床や、清風会看護部の体制強化に向けて、 平成29年4月1日の新人看護職員の採用試験日程を下記の通り開催致します。


様々なステージがある清風会で、
         あなたらしい
「色」で輝こう。

 病院見学はもちろん、募集要項や教育体制等のプレゼンテーション、実際に先輩看護師がゲスト参加しての情報交換等、 お一人で参加しても、リラックスして就職後のイメージを掴んで頂ける内容です。


開催日 開催時間 開催場所 申込締切
第1回 2016/04/16(土) 10:00〜12:30 医療法人社団 清風会 管理本部
(広島市佐伯区倉重1-95 五日市記念病院敷地内)
04/08(金)
第2回 2016/04/30(土) 04/22(金)
第3回 2016/05/21(土) 05/13(金)
第4回 2016/06/11(土) 06/03(金)
第5回 2016/06/25(土) 06/17(金)
第6回 2016/07/23(土) 07/15(金)
第7回 2016/08/06(土) 07/29(金)
第8回 2016/08/20(土) 08/12(金)


〜ポイント!〜

@毎回5人までの少人数制なので、1人で参加しても質問しやすく、先輩看護師との
 コミュニケーションが取りやすいと毎年学生の皆さんから好評頂いています。

A早めに予約頂くと、マイナビ看護学生から参加申込み頂く際の入力項目
 「会ってみたい先輩看護師」で入力した先輩看護師が参加するかも!
 (同じ出身校/●●病棟で勤務している先輩など・・・)

B五日市記念病院の見学はもちろん、スライドによる廿日市記念病院の見学や、教育
 スケジュール、実際の勤務表を使った勤務のイメージ説明、先輩看護師との情報交換の
 時間など、もしも清風会に就職したら・・・?
 という具体的なイメージを掴んで頂けることを一番に考えた内容です!


〜参加申し込み方法〜

各日程の申込締切日までに、下記のいずれかの方法でお申込み下さい。

1.電話(082-943-7725 清風会 総務課 採用担当まで)

2.マイナビ看護学生からWEB予約
 マイナビ看護学生への会員登録が必要になります。

マイナビ予約画面

マイナビ看護学生見学会受付中

※お申込みいただいた後に、案内状・地図・事前アンケートを送付致します。

このページの先頭へ

平成28年春定期採用リハビリ職病院見学について

清風会では、現在平成28年4月のリハビリ職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)の定期採用に向けた病院見学を随時受け付けております。
(求人内容はリハビリ採用情報をご参照下さい。)

清風会全体の雰囲気を感じて頂くため、五日市記念病院・廿日市記念病院両方の病院を見学して頂いております。


〜病院見学の流れ(イメージ)〜
13:00 清風会 管理棟(五日市記念病院 敷地内)にて概要説
14:00 五日市記念病院 見学〜五日市記念病院 リハビリ担当者による説明・質疑応答
15:15 廿日市記念病院へ移動(公共交通手段でお越しの方には、移動手段を手配します)
15:30 廿日市記念病院 見学〜廿日市記念病院 リハビリ担当者による説明・質疑応答

原則、上記の流れで見学対応させて頂いております。 平日であれば可能な限りご希望に添える日程で対応致しますので、 病院見学を希望される方は、候補となる日程をいくつか検討頂いた上で、 清風会 総務課 井上(電話082-943-7725 メールperosna@seifu.net)まで、お気軽にご連絡下さいませ。


このページの先頭へ

五日市記念病院 HMネット開示施設として運用開始

五日市記念病院では平成27年7月1日より、
HMネットに診療情報開示施設として運用を開始いたしました。

HMネットとは…
広島県と広島県医師会が運用する、
ひろしま医療情報ネットワーク」の愛称です。

HMに参加した医療機関で診療情報を「共有」し、患者さんの肉体的・経済的・精神的な負担を軽減し、安心・安全・均質な医療を提供するネットワークです。


当院でHMカードを発行して頂くと、かかりつけのクリニックや病院、医院などの「HMネット参加施設」で提示すると、 当院で行った検査結果や処方内容、注射内容を医師が参照することができます。

メリット

・診療内容の重複を防ぐことができるため、肉体的、経済的な負担が軽減します。
・薬剤禁忌やアレルギー情報などが共有されるため、医療の安全性が向上します。
・複数医療機関の治療方針や説明が一致するため、安心して診療を受けられます。

発行窓口
お近くの発行窓口にお越し下さい

窓口場所
外来医事課受付本館1階
外来地域医療連携室新館1階
病棟一般病棟受付本館3階
病棟回復期病棟受付新館4階
受付時間9:00〜17:30(日・祝祭日、休診日を除く)

※詳しくは、広島県医師会ひろしま医療情報ネットワークセンターホームページ
 ご参照ください。

このページの先頭へ


看護学生 病院見学を開催致しました。

平成27年4月入職の新人看護職員採用に向けた『看護学生病院見学会』を5月から8月まで計7回のスケジュールで行ってきましたが、無事全日程を終了致しました。

病院見学開催

@ 平成26年5月 7日(土)10:00〜12:30
A 平成26年6月14日(土)10:00〜12:30
B 平成26年6月28日(土)10:00〜12:30
C 平成26年7月19日(土)10:00〜12:30
D 平成26年7月26日(土)10:00〜12:30
E 平成26年8月 9日(土)10:00〜12:30
F 平成26年8月23日(土)10:00〜12:30

広島市内だけでなく、県外からもご参加頂き、沢山の学生の皆さんと出会うことが出来ました。様々な質問や、感想を頂き、私たちも大変良い刺激を受けました。参加頂いた皆さん、ありがとうございました。 採用ページにもありますとおり、現在若干名の追加募集を行っております。ご興味のある方は、個別見学という形での病院見学も対応致しますので、お気軽に総務課までご連絡下さい。(電話082-943-7725 メールperosna@seifu.net)


このページの先頭へ

「書」を寄贈して頂きました。

 平成23年10月、季山 紫乃先生より、「書」を寄贈して頂きました。

季山 紫乃先生より書を寄贈

 新館1階廊下に展示しており、皆様に大変喜ばれております。

このページの先頭へ

次世代育成支援対策について

清風会では、次世代育成支援対策推進法に基づき、
次世代育成支援対策を策定しております。

 計画期間:平成23年7月14日〜平成27年3月31日

1.育児・介護休業制度の周知及び取得率の向上
2.有給休暇取得の促進
3.小学校就学前の子どもを育てる労働者が利用できる保育所の設置及び運営
4.出産や子育てによる退職者についての再雇用制度の実施

このページの先頭へ

絵画を寄贈して頂きました。

 平成23年7月 宇佐川 良先生より、絵画を寄贈して頂きました。

宇佐川良先生より絵画寄贈

 新館1階待合ロビーに展示しており、ご来院・ご入院の患者様に大変喜ばれております。

このページの先頭へ

絵画9点を寄贈して頂きました。

 平成22年12月9日(木曜日)福屋にて寄贈式が行われ、野口 稔先生を始め9名の先生から絵画を寄贈して頂きました。

 現在、院内に展示しています。ありがとうございました。

このページの先頭へ

義肢装具外来、嚥下外来体制の変更について

 平成22年4月リハビリテーション科専門外来として、義肢装具外来と嚥下外来を開設しておりましたが、 11月末をもちまして閉診することとなりました。
ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。

 なお、引き続き「義肢装具・嚥下相談窓口」として下記日程の通り、ご相談をお受け致しますので、ご利用ください。


開始日 平成22年12月1日(水曜日)
相談日 毎週水曜日(祝祭日を除く)
相談時間 9:00〜12:00

●お問合せ先●   五日市記念病院   082-924-2211

このページの先頭へ

リハビリ用に遊技台8台を寄贈して頂きました。

 平成22年11月16日(火曜日)「中国遊技機商業共同組合」の御厚意により、患者様のリハビリ用として遊戯台を五日市記念病院に6台、廿日市記念病院に2台寄贈して頂きました。 今後、患者様に喜んで頂けるよう有効活用していきたいと思います。

このページの先頭へ

第5回 復職支援セミナーのご案内

結婚や出産・育児、その他諸事情により、看護の現場から離れておられる方、今の看護技術に不安のある方、不安に思っていることを話し合ったり、看護技術の再確認をしたり、現場復帰を応援したいと考え実施致します。

是非この機会を利用していただきたいと思っていますので、ふるってご参加下さい。

 

【日 時】 2010年12月3日(金) 10時 〜 16時 

        

【場 所】 五日市記念病院(広島市佐伯区倉重1-95)

【対 象】 看護師・准看護師(経験年数は問いません)

 

【受講料】 無料(昼食を用意しています)

 

【定 員】 15名程度

      (お友達もお誘いあわせのうえ、お気軽にご参加ください)

  【内 容】 バイタルサインの測定、注射・点滴、機器類の取り扱いなど、実際の現場で

        必要な技術面を中心に予定しています。

         ※参加者の要望により、内容を変更する場合もあります。

 

  【その他】 ・服装については、当院にて用意いたします。(ワンピースを予定)

         ・ナースシューズは各自にてご用意下さい。

         ・当日は、院内(五日市記念病院)のご案内も予定しています。

          廿日市記念病院や保育室を見学希望の方は、日を改めてご案内致します。

 

                  〜 問合せ・申込先 〜

総務課

                 п@082-943-7725

  E-mail : persona@seifu.net

このページの先頭へ

320列CT導入が新聞掲載されました。


 平成22年7月1日に導入した320列CT装置が、
7月23日金曜日の中国新聞朝刊に掲載されました。


320列CT稼動について

 五日市記念病院では平成22年7月1日より、
 広島市内初(県内2台目)となる「320列CT装置」を稼動いたします。

 320列CTは、0.35秒の一瞬で広範囲を撮影することができるため、被曝量(ひばくりょう)や造影剤の注入量も従来に比べ少なくてすみます。

※設置工事期間中はご迷惑おかけ致しました。

ボランティアによるフラダンス、ひょっとこ踊り開催しました

 五日市記念病院にて、平成22年5月22日(土曜日)ボランティアの方によるフラダンス、ひょっとこ踊りを入院患者様に披露致しました。

ボランティアの方によるフラダンス

 たいへん好評でした。ボランティアのみなさまありがとうございました。

『患者様』から『患者さん』へ

 〜平成22年1月より『患者さん』とお呼びさせていただきます〜病院開設当時は、病気や治療に対する十分な説明もなく「治してあげる」という時代であり、その思い上がりを払拭するために職員教育をする必要がありました。


 『患者様の呼称に見合う接遇をしよう』をキャッチフレーズに取り組み、次第に自然な呼称となってきました。それと共に言葉遣いも柔らかく丁寧になり、同じ目線での会話が出来るようになって来ました。


 開設以来18年間、『患者様の呼称に見あう接遇教育』を継続してきた今だからこそ、敢えて『患者さん』と呼称し、『患者さんの呼称に見合う心を込めた接遇をしよう』を新しいキャッチフレーズとして、親しく語れる庶民的な感覚で「社会に望まれる医療」を実践していきたいと考えます。


 当初混乱も生じると思いますが、皆様のご理解とご寛容をお願い致します。

五日市記念病院  ボランティア募集中

五日市記念病院では、ボランティアを募集しています。

興味のある方は、お気軽にご相談下さい。

 

【募集内容】

1.資   格

年齢20〜75歳までの男女で、社会医療法人 清風会の理念理解し、

ボランティア活動に参加する意志を強く持っていること。など

2.活動内容

1.患者様へのレクリエーション

2.植栽(院内の観葉植物)管理  など

※1.2どちらでもお選び頂けます。

 

3.活動時間   平日9:00〜12:00、14:00〜17:00(時間相談応)

お電話・Eメールにてご連絡いただき、履歴書をご郵送ください。書類到着後、面接の日程をご連絡いたします。

 

応募・お問合せ先: 広島市佐伯区倉重1丁目95番地

                管理本部 担当 塚本

        でんわ 082-943-7725     メール plan@seifu.net

ボランティアイラスト

五日市記念病院 脳卒中教室からのお知らせ

五日市記念病院では、2007年7月より毎週金曜日(第5金曜を除く)に、脳卒中を予防するための教室を行っています。 どなた様でも無料で自由に参加できますので、是非ご参加下さい。

※ご予約の必要はありません。

 

※2008年7月で開催から1周年となりました。こちらを記念して、8月29日(金)に、特別編を開催いたしました。 ⇒ 詳細はこちら

 

※2008年7月25日(金)開催をもちまして、参加者が1,000人を突破致しました。

※2013年2月1日現在、参加者が3,700人を突破致しました。

  今後とも皆様のご参加をお待ちしております。

 

※第3金曜日:リハビリ技術科が10月より内容を変更しました。

◆場所

      五日市記念病院  新館1階   カンファレンスルーム

◆時間

      14時から1時間程度

◆日程・内容

内容 担当部署
【第1金曜日】

●脳卒中予防のために
診療部
【第2金曜日】

●検査結果の読み方
●画像で学ぶ脳卒中
●医療ソーシャルワーカーについて
臨床検査科
画像診断技術科
医療福祉科
【第3金曜日】

●脳卒中予防の食事
●ことばや飲み込みの障害
臨床栄養管理科
リハビリ技術科
【第4金曜日】

●再発予防に使用する薬剤
●いざという時の対処方法
臨床薬剤科
看護部

お問合せ:五日市記念病院      Tel082-924-2211      Fax082-921-0104

このページの先頭へ

廿日市記念病院 医療機能評価Ver.5.0の認定

 2003年4月にVer.4.0で認定され、今回5年毎の更新審査をVer.5.0受審し、2008年6月16日に認定されました。

Ver.5.0の評価項目

  • 1.病院組織の運営と地域における役割
  • 2.患者の権利と安全確保の体制
  • 3.療養環境と患者サービス
  • 4.医療提供の組織と運営
  • 5.医療の質と安全のためのケアプロセス
  • 6.病院運営管理の合理性
  • 7.療養病床に特有な病院機能
認定証

 これからも当院は医療法人の理念である「社会に望まれる医療の実践」、病院の基本方針である『リハビリテーション(回復期医療)と緩和ケアを行う「QOLを大切にした総合リハビリテーション病院」』を目指し、認定された医療機能の維持向上に努めて参ります。

 

廿日市記念病院 院長

五日市記念病院 癒し外来の診察を開始します。

 このたび、下記の内容により、心身症の患者さまを対象に癒し外来(心身医学療法)の診療を開始いたします。

 


 病気の治療は、単に表面に表れている病気だけを治すのではなく、心の状態も含め、その方全体を診て、心も身体も癒されるようにすることが本来の医療の姿という思いから、“癒し外来”と称して心身医学療法の診療を始めさせていただきます。

 近年、胃潰瘍、過敏性腸症候群、緊張性頭痛など、ストレスが原因と思われる体調不良が多く見られるようになっております。その対処療法のひとつとして、“癒し”が必要と考え、精神的な部分のみならず、身体の“癒し”も得られるような治療をさせていただくことが目標です。

 

<担当医師>

  内科 黒木 ゆり

 

<診療スケジュ−ル>

  2008年7月7日(月)診療日より開始

 

  完全予約制

  毎週月曜日 午後診(PM2時30分から)

 

 ※ 予約をご希望の方は、担当医師又は受付にご相談ください。

このページの先頭へ

五日市記念病院 回復期リハビリテーション病棟増床

  2008年6月より、回復期リハビリテーション病棟を30床増床し、合計70床 (2棟)になりました

手術後出来るだけ早い時期からの

リハビリテーション(早期リハビリテーション)をより多くの患者様に提供するため、回復期リハビリテーションを30床増床致しました。

急性期医療はもとより、患者様のニーズに応えるべく、より充実したリハビリテーションを提供していきたいと考えております。

リハビリ庭園写真

※早期リハビリテーションとは、いわゆる回復期リハビリ(発症2ヶ月以内での開始以後5ヶ月まで)ではなく、急性期リハビリに引き続き、凡そ 発症後15〜45日までの不安定期のリハビリを行い、その後は病態の落ち着いた状態での回復期リハビリへの引継ぎや、早期の在宅復帰を目指すものです。

 

このページの先頭へ

五日市記念病院 早期リハビリテーション病棟の開設

 五日市記念病院では、平成20年1月より「早期(回復期)リハビリテーション病棟」

 開設致しました。

 

                リハビリテーションの流れ

 

 

 早期リハビリテーション とは、いわゆる回復期リハビリ(発症2ヶ月以内での開始以後5ヶ月まで)ではなく、急性期リハビリに引き続き、凡そ 発症後15〜45日までの不安定期のリハビリを行い、その後は病態の落ち着いた状態での回復期リハビリへの引継ぎや、早期の在宅復帰を目指すものです。

 従来は、急性期病院の平均在院日数の短縮により、未だに全身状態が不安定な状態のままで回復期リハビリ病院への転院を迫られていました。その為、転院先のリハビリ病院でも亜急性期医療を必要としたり、全身状態の悪化を来たしたりし、

一般病院へ逆戻りするケースを経験し、急性期から回復期リハビリに移行する間に一般病院での中間的なリハビリである早期リハビリの必要性を感じていました。

一昨年の増築により、400uを越すリハビリルームを整備すると共に、総合リハビリ施設としての認可を受け、急性期に続く本格的なリハビリが行える体制が整いました。

 本年一月より早期(回復期)リハビリテーションを開設し、急性期医療のみならず、発症から1.5ヶ月までの早期リハビリをも提供して行きたいと考えています。

このページの先頭へ

五日市記念病院、電子カルテを導入しました。

2007年7月18日より電子カルテを導入し、運用させていただいております。

 

まだ導入したばかりで、御来院の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、今しばらく、御理解のほど宜しくお願いいたします。引き続き、お待たせ時間の短縮や、わかりやすい運用をめざし、システムの機能向上に努めて参ります。

 

 電子カルテ電子カルテ操作指導風景電子カルテ

このページの先頭へ

五日市記念病院新館(増築棟)が完成しました。

2005年秋より開始しておりました五日市記念病院の増築工事は、地域の皆様方のご理解とご協力、協力企業の皆様方のご尽力により昨年10月末日をもって無事竣工を迎えることができました。

総病床数:180床(2006年2月現在の許可)   延面積:10.319u(地上6階/地下1階)

新しくなった五日市記念病院を、今後ともよろしくお願いいたします。

このページの先頭へ

ホームページをリニューアルしました。

よりたくさんの方に情報をお届けするため、情報のユニバーサルデザインであるアクセシビリティに対応したホームページにリニューアルしました。

法人のより詳しい情報や、廿日市記念病院、五日市記念病院の各部、各科の紹介など、コンテンツも充実しました。わかりやすいデザインや配色、視力の弱い方のためのホームページ読み上げソフトにも対応した作りになっています。

今後とも、患者さまやご利用者の方々に使い心地のよいホームページにしていきたいと思いますので、ご意見・ご感想などお気軽にお寄せください。
伝わりやすい情報公開を目指しています。

このページの先頭へ

ホームへ戻る