清風会について

理事長あいさつ

写真 理事長 向田 一敏
(広島大学 昭和54年 卒業)

令和2年10月1日より社会医療法人 清風会 理事長に就任いたしました。

清風会は、開設(平成3年7月)以来、「医は仁術」、「病院はサービス業」をモットーに、
理念である「社会に望まれる医療」の実現を目指して運営して参りました。
引き続きスタッフと医療設備の充実を図り、

五日市記念病院(180床)では、内科、外科、循環器内科をベースに脳神経外科を中心とする急性期一般医療(72床)、脳卒中を中心とする早期からの回復期リハビリテーション(80床)と地域のサブアキュート機能を狙う地域包括(28床)、血液内科による白血病を中心とする血液疾患の治療を担い、

廿日市記念病院(126床)では、脳卒中を主に病態の安定した時期からの回復期リハビリテーション(60床)と、維持期のリハビリを中心とする療養(42床)を担い、加えて緩和ケア(24床)を併存させて行きます。

医療環境は益々厳しくなって来ますが、理念の下に地域の医療機関や介護施設と緊密に連携した医療を行っていく所存です。

引き続き、ご指導、ご支援の程、宜しくお願い申し上げます。