病院紹介

リハビリ技術科

リハビリテーションとは

リハビリテーションルーム

リハビリテーションとは疾病や外傷によって心身機能や能力の低下を生じた人が、その機能や能力を高めたり、環境を整備することで、最大限に尊厳ある生活を送れるようにすることです。
また、最近ではバランスや筋力の向上を図ったり、環境を整えることで、怪我や疾病を予防することも含まれてきています。
私たちリハビリスタッフは医師の指示の下、各職種が連携して専門の技能を活かし、患者さまのより円滑な社会復帰に向け、自立を促す支援をさせて頂きます。当院では「理学療法」、「作業療法」、「言語療法」を行っています。

理学療法

温熱や電気治療に代表される「物理療法」と、体を動かすことで関節を柔らかくしたり、筋力をつけたり、バランスを良くして体の機能を高める「運動療法」を併せて理学療法といいます。
当院では理学療法士(PT)が担当し、主に寝返り・起き上がりなどの基本的動作やベッドや車椅子への乗り移り、歩行練習を中心に行っています。

WelWALK

WelWALK

ロボットを装着することにより、発症早期から効率的で有効な歩行練習の提供を積極的に進めています。

IVES+

IVES+

電気刺激を利用して麻痺した手足の動きを手伝い、有効な運動の提供が可能となっています。

装具

装具

複数の装具を備えており、患者さんの状態に合わせた歩行練習が可能となっています。

作業療法

患者さんにとって「意味のある作業」を共に探し、今後の生活を豊かにするために様々な視点から関わりリハビリを作業療法といいます。当院では作業療法士(OT)が担当し、日常生活動作の練習から社会復帰に至るまで、生活そのものをサポートします。

自動車運転支援

自動車運転に関する評価・治療を行います。ご家族、他職種と協議の下、運転に関する「当院の意見」をまとめてアドバイスを行います。

リハビリ農園

リハビリ農園

農作業をライフワークにしている方々に対して、より良い治療環境を提供したいという思いでリハビリ農園を設置、運営しています。

調理訓練

調理訓練

自宅を想定し様々な調理訓練の実施が可能です。

言語療法

言語療法室

脳血管疾患によって起こる症状に、脳の言語野の障害によって引き起こされ、言葉が理解できない・言いたい言葉が出てこない「失語症」、発声発語器官の麻痺により上手く発声・発音ができない「構音障害」、食べ物の飲み込みが難しくなる「嚥下障害」があります。これらのコミュニケーション障害、嚥下障害に対するリハビリを言語療法といいます。
当院では言語聴覚士(ST)が担当し、言葉の理解・表出の練習や発声、口・舌の運動の練習、飲み込みの練習を行います。

ジェントルスティム

ジェントルスティム

飲み込みの難しくなった方に対し、急性期からの評価・訓練に加え、電気刺激を利用して飲み込みの運動を手助けします。

Pepperによる言語訓練

Pepper

失語症により言葉が出にくい方に対し、多くの練習ができるように練習用のロボットを設置しています。

早期からのコミュニケーション支援

写真

会話が難しい方への支援を急性期から行っています。

その他の取り組み

生活環境調査

生活環境調査

入院中に、実際に患者様宅を訪問し、自宅及び周辺の環境調査に加え、生活動作の安全確認も行います。
調査後、報告書を作成し、改修のアドバイスや道具の紹介等も行います。
調査には、必要に応じてケアマネージャーに立ち会っていただく事もあります。

その他の施設

調理訓練室

調理訓練室

日頃慣れ親しんだ台所と勝手は違うものの、自宅を想定し様々な調理訓練の実施が可能です。

浴室

浴室

浴室内の移動や入浴動作の練習を行います。実際にお湯を入れて、体を洗う練習も可能です。

和室

和室

和式生活の患者様向けに「畳上動作」や「床からの立ち上がり動作」の練習を行っています。床掃除の練習にも使用しています。

リハビリ庭園

リハビリ庭園

初めて自室から出られた喜び。リハビリ庭園では季節を感じる事ができる様々な木々や草花が、家族や面会者との散歩での話題を提供します。

トレーニング機器

トレーニング機器

各種トレーニング機器をそろえています。状態に合わせて選択します。